e-sportsに関連する情報をお届けします

プロゲーマーになるための専門学校を調べてみた!各特徴をチェック

               




本格的にプロゲーマーを目指せる専門学校を6件紹介しています。プロゲーマー関連のお仕事、ゲーム大会の運営や企画、実況キャスターを育成する専門科や専門学校もありますが、ここではあくまでプレイヤーとしてプロゲーマーを目指せる専門学校を紹介しています。

東京アニメ・声優専門学校

e-sportワールド学科 - e-sport総合プロゲーマー専攻。
日本で一番最初にできたプロゲーマーを目指せる専門学校です。
e-sportワールド学科には4つの専攻があります。

  • 総合プロゲーマー専攻
  • キャスター専攻
  • 宣伝プロモーション専攻
  • イベントスタッフ専攻

このうちプレイヤーとしてプロゲーマーを目指せるのは総合プロゲーマー専攻ですが、もし途中で「やっぱりゲーム実況がしてみたい!「大会運営に興味がある!」など、他の専攻に興味が出てきた場合は、専攻を途中で変更することも可能だそうです。

League of Legend の学生大会で世界3位など、実績を持っている学校でもあります。

FCA福岡デザイン&テクノロジー専門学校

e-sportsプロゲーマー専攻。
プロゲーマーの他に、ゲームタレント、ゲーム実況やMC、e-sportsライターやゲームアナリストを目指すこともできます。

ホームページをさらっと見させていただいた感じ、特別講義がとても魅力ですね。ゲーム配信サイトのtwitchの社員さん、ハースストーンの開発者、プロゲーマーうめはら氏などを呼んでの講義など、ゲーム好きにはたまらない講義が盛りだくさんです。これは専門学校ならではの強みですね。

また実際のゲーム大会にスタッフとして参加したり、会場の雰囲気を体験できる授業などもやってます。

OCA大阪デザイン&IT専門学校

「大阪から世界を目指す」「世界で通用するプロゲーマーを目指す」など、世界を意識したキャッチコピーを掲げる専門学校です。

そのキャッチコピーの通り、授業に英会話があります。海外研修などもあるようですね。オンラインゲームだと海外の選手とチームを組んでボイスチャットをすることもしばしばでしょうから、英語が話せるようになるというのは、ゲームをするうえでの楽しみも増えます。

北海道ハイテクノロジー専門学校

プロゲーマーにも、どのゲームタイトルのプロゲーマーを目指すのか、その種類があります。

他の専門学校だと、カードゲームやスポーツゲームまで専攻があることが多いですが、北海道ハイテクノロジー専門学校では、ゲームの種類を「FPS」と「MOVA」の2種類に絞っているのが特徴です。FPSだと

overwatch、PUBG、Call of Duty、Rainbow Sixシリーズなど、MOVAだとDOTA2やLeague of Legends が有名タイトルになりますね。

またプロゲーマーだけでなく、プロゲーマーのコーチ育成もしています。

NCA名古屋デザイン&テクノロジー専門学校

シューティングゲーム、マルチオンライン、戦略ゲーム、格闘ゲーム、スポーツゲーム、格闘ゲームと、e-sportsの競技になるジャンルをほぼ網羅しています。

また開校以来1300社を超える企業と協力を行っているとホームページに記されており、他企業との連携面が強い印象があります。海外研修も行っているそうです。

SCA仙台コミュニケーションアート専門学校

プロゲーマーだけでなく、コーチ、マネージャー、アナリストなども目指すことができます。また体験学習を行っています。最新設備を見学や体験できるそうなので、それだけでもワクワクしますね。また学費や入試のことまで相談OKと、気になっているかたは聞けばかなりのことを答えてくれそうです。